VMware ESXi6.5「No Network Adapters」エラー時の対処法 ~Realtek NICでESXiを使う~

Share on:

この記事は約3 分で読めます。

目次

ESXiはINTEL NIC以外のネットワークアダプタを認識してくれない?!

使わないパソコンが3台あって、VMware vSphere Hypervisor ESXiを入れたところ、見事に3台とも「No Network Adapters」のグレー画面(キャプチャ撮り忘れた)が現れてインストールできず。

どうやらINTEL NIC以外のネットワークアダプタは認識しないようで、確かにINTEL製ではなかった。。。

ESXiのカスタムISOを作る

Windows+Realtek NICでの作業を想定しています。

まずは必要なファイルをダウンロードしてきます。

ダウンロードしたファイルのうち、ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1net51-drivers-1.0.0-1vft.510.0.0.799733.x86_64.vibC\:に置きます。

ファイルを設置したら、ESXi-Customizerを次のように実行します。

1C:\ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1 -v65 -pkgDir C:\

-v65ESXi6.5用を作成することを意味しています。

コマンド実行すると、Realtek NIC入のESXi6.5のISOファイルが出来上がります。

ここまでの流れで、コマンド実行前にポリシー実行の設定を変えたりするのですが、一つつまずいた点がありました。

ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1はデジタル署名されていません。

ポリシー実行を変更しても、「ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1はデジタル署名されていません。」と怒られました。

デジタル署名ってどうするの?と少し悩みましたが、デジタル署名のチェックを回避する答えは簡単でした。

ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1のプロパティを開いて、上図の赤枠で示したセキュリティの「許可する」にチェックを入れます。

すると「ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1はデジタル署名されていません。」のエラーメッセージは出なくなり、無事にISOファイルが作成できます。

まとめ

INTEL NIC以外のパソコンにVMwareESXiをインストールするのは、必要なファイルさえ揃えれば簡単にできます。

ぜひ参考にしてみてください。

余談ですが、ここだけの話、最初欲張って、Realtek NIC入りESXi6.7ISOを下記コマンドで作ってみたのですが、

1C:\ESXi-Customizer-PS-v2.6.0.ps1 -v67 -pkgDir C:\

警告の嵐で作成できませんでした。

ESXi6.7バージョンがほしい方はこちらのサイトが参考になりますので、お試しください。