初心者がアドセンスで安定的に収入を得るには動的ブログか静的ブログか?

Share on:

この記事は約7 分で読めます。

目次

Googleアドセンスで稼ぐという働き方(初心者編)

この記事を読んでくれている方は、きっと、副業を考えていたり、パソコンを使って仕事をしてみたいと考えている方だと思います。

皆さんの中には、数ある副業の中でもアドセンス(Google Adsense)やアフィリエイトに興味のある方が多いのではないでしょうか?

またプログラミング言語を操れる方は、システム開発をしてみたいと考えている方もいるでしょう。

そこで本記事では、比較的簡単に始められるネットビジネスとしてアドセンスについて考察してみたいと思います。

アフィリエイトも比較的簡単に始められる副業として有名ですが、アフィリエイトは広告をクリックしてもらっても、その後物品の購入につながらないと成果報酬が得られないのに対し、アドセンスは広告をクリックさえしてもらえればその時点で成果報酬が発生します。

ユーザー行動と成果報酬の発生しやすさを考えるとアドセンスは最適な副業やネットビジネスになるのではないでしょうか?

アドセンスとは?

現在、多くのサイトやブログ、SNSサービスがネット上に存在します。

スマートフォンの普及などで、毎日多くのサイトを目にしていると思いますが、サイトの所々に広告が表示されていることにお気づきでしょうか?

これらの広告全てがアドセンスではありませんが、その多くがアドセンスと思ってもらって大丈夫です。

このようにサイトやサービスサイトなどに貼られているGoogleが提供する広告をアドセンスと呼びます。

本ブログではこのアドセンスを皆さんご自身のブログに掲載し、収入を得ることを目的とします。

プログラミングができる方ならサービスを提供するようなサイトを作成してアドセンスを貼ることも可能でしょうが、本講は初心者や副業を考えている方を対象にしていますので、取り組みやすいブログを基盤にアドセンスで安定的収入を目指します。

ということで、本記事ではアドセンスを貼るため媒体の準備について書いていきます。

アドセンスを利用するにはGoogleの審査が必要となりますが、審査については追って解説していきます。

まずは、アドセンスを掲載するブログサービスは何が良いかを考察し、Googleの審査に向けた準備を始めていきましょう。

ブログシステムは何を使うべきか?

ブログを書くためには一般的に以下のものがあります。

一般的に多く利用されているのは上2つのブログサービスやCMSでしょう。

これらの仕組みには一長一短ありますので、一概にどのサービスが良いということは断言できませんが、初心者の方が使いやすいものを選んだり、アドセンスを効率的に貼れる(配置・カスタマイズできる)ものが良いと考えています。

ここで先にアドセンスで安定収入を得るために必要なことを書いておきます。

それは、アドセンスで稼ぐにはシステムではなくコンテンのつの質が重要であるということです。

ですので、あくまでシステムはアドセンスで稼ぐための基盤と考え、稼ぐ実態はコンテンツ(記事)の質であるということを覚えておいてください。

とはいえ、アドセンスで安定収入を得ていく上で、システム的に重要な部分というものもありますので、仕組みと質の二本柱でお話を進めていきたいと思います。

前置きが長くなりましたが、では、どのブログシステムを利用すべきかを発表します。

本講では静的ブログシステムを推奨します!

時代の流れとともにブログの仕組みは、ブログサービスWordPress静的ブログと移り変わってきています。

今は、まだまだWordPressが主流ですが、徐々に静的ブログへの移行が進んでいます。

正直、静的ブログは導入時点では初心者の方には壁が高いかもしれませんが、一度環境を構築してしまえば、後はメモ帳に文章を書くようにガンガン記事を投稿することができます。

アドセンスで稼ぐには記事の更新は重要です。

きらびやかな画像満載のブログなどははっきり言って必要ありません。

繰り返しになりますが、アドセンスで安定収入を得るには、いかに良質のコンテンツを書き続けるかにかかっています。

前準備が完了し、コンテンツをどんどん追加していく段階になったときに、静的ブログでよかったと思える日が必ずきます。

このブログも静的ブログです。

まだ、静的ブログというものがどんなものかピンと来ないと思いますが、順を追って解説していきますので安心してください。

なぜブログサービスやWordPressではダメなのか?

まず、ブログサービスやWordPressを全面否定するわけではありません。

むしろ、初心者がブログを始めるのであればこの2つの選択肢は有効です。

では、なぜ本講ではこれらをおすすめしないのか?

まずブログサービスですが、こちらは運用会社がブログサービスを停止したり、アドセンスの設置に制限があったりと、不安定要素が多いためおすすめできません。

ただアクセスの集まりやすさという点ではブログサービスを利用するのはアリです。

なぜなら、いずれ解説しますが、アドセンスで稼ぐには安定的かつ莫大なアクセスを集めることが必要だからです。

もう一つWordPressはどうでしょう。

こちらはもはやブログといえばWordPressというくらい定着しているブログシステムです。

しかし、利用者が多すぎるゆえ、サイバー攻撃の対象になったり、無責任なプラグイン(追加機能)の開発者が更新を止めてしまったり、データベースとやり取りを行っているなど、セキュリティ面で不安が多いのが実情です。

また、動的なブログのためページの表示が重かったりします。

※動的ブログ・・・ページの生成を訪問者が訪れるたびに行うブログ(高速化するプラグインやカスタマイズ方法もあります)
※現在、ページの表示速度は重要視されています。

以上の理由からブログサービスやWordPressは本講から除外します。

静的ブログをおすすめするワケ

静的ブログとは、動的ブログが訪問される都度ページを生成するのに対し、すでに準備されたHTMLソース(いわゆるブログの構成コード)を表示するだけです。

HTMLソースを表示するだけですので、データベースなどとのやり取りも発生しませんし、訪問者との接点(ログインなど)もないため、高速かつセキュリティ面で安全です。

考えてみてください。

せっかく作り上げたブログ(=資産)がある日突然、消されたり乗っ取られたりしたら・・・

ブログが破壊されるのはもちろん、アドセンスという収入源まで失われてしまうのです。

これは恐ろしいことです。

また最近ではスマートフォンでサイトを閲覧する人も増えました。

ページが表示されるまで時間がかかったらどうでしょう。

すぐにそのサイトから離脱してしまいます。

非常に端的な解説ですが、静的ブログをおすすめする理由はこれにつきます。

先にも書いたようにコンテンツの更新のしやすさなど他の利点もありますが、今の時代、安全かつ高速が求められています。

まとめ

今回はアドセンスで安定収入を得るための前準備(事前知識)として、選択すべきブログシステムについて考えてみました。

次回は静的ブログについてもう少し理解を深めていきたいと思います。