KUSANAGIのLAMP環境にHexoを構築

この記事は1 分で読めます。

目次

HexoKUSANAGIのLAMP環境の相性がいい。

Hexoでブログを書き始めるならKUSANAGIを使ってみませんか?

KUSANAGIはWordPressのためだけにあるわけではなく、LAMP環境もサクッと作れますのでWordPress以外の用途にも使える優れたサーバー仮想マシンです。

ブログの公開やSSL設定もKUSANAGIならとても簡単にできます。

特にNode.jsやHexo初心者の方にはおすすめですので、ぜひお試しください。

KUSANAGIの特徴

KUSANAGIとは超高速WordPress仮想マシンです。

KUSANAGIはWordPressを高速に動かすだけでなく、すばやくLAMP環境を構築したり、Let’s EncryptによるSSL化を簡単にしたり、複数のWordPressなどを追加・削除できます。

このようにサーバー運営に必要な機能がてんこ盛り、かつ、便利な仮想マシンです。

このKUSANAGI環境とHexoを組み合わせて、簡単にHexoブログを公開しようというのが本記事の内容です。

KUSANAGI環境へHexoをインストールする

Node.jsのインストールはこちらの記事を参考に済ませておいてください。

KUSANAGIによるLAMPプロビジョニング

KUSANAGIでLAMPをプロビジョニングします。

$ kusanagi provision --lamp hexo-blog

--lampを省略してしまいますとWordPressがインストールされてしましますので、--lampは必須です。

--lampを指定したので、WordPressはインストールされず、プロファイル名hexo-blog(任意の名前で可)の空のドキュメントルートが作成されます。

プロビジョニング作業が進んでいくと、ドメインの設定やLet’s EncryptによるSSL化が実行されますので、この後のHexoインストール作業後にSSL化作業などを行う必要がありません、ここが楽です!

Hexoインストール

Hexo自体をインストールしていない人は、下記コマンドでインストールしてください。

$ npm install hexo-cli -g

KUSANAGIで作成したLAMPのドキュメントルートにHexoをインストールします。

# LAMPドキュメントルートへ移動
$ cd /home/kusanagi/hexo-blog/DocumentRoot

# blogは任意の名前でOK
$ hexo init blog

$ cd blog

$ npm install

これで/home/kusanagi/hexo-blog/DocumentRoot/blogにHexoブログ一式がインストールされます。

$ hexo server

サーバーを起動しlocalhost:4000またはローカルIPアドレス:4000にアクセスして、サンプルサイトが表示されることを確認してみてください。

Nginx設定

KUSANAGIでLAMPを構築しますと、

  • /etc/nginx/conf.d/hexo-blog_http.conf
  • /etc/nginx/conf.d/hexo-blog_ssl.conf

というファイルが作成されています。

これらのconfファイルのルートディレクトリの記述を次のように書き換えます。

root /home/kusanagi/hexo-blog/DocumentRoot/blog/public;

最後のpublicは固定文字列です。

Hexoで静的ファイルを生成するとpublicフォルダにブログの静的ファイルが格納されますので、それをそのまま公開用のディレクトリにしてしまおうという設定です。

GitHub PagesやNetlifyにデプロイすることもできますが、お手軽に独自ドメインで公開するにはKUSANAGIを使うと難易度が下がると思います。

まとめ

KUSANAGIとHexoの連携いかがでしたでしょうか?

KUSANAGI(WordPress)からHexo(Node.js)に移行しましたが、やはりKUSANAGIは素晴らしい仕組みです。

(追記) 現在は、KUSANAGIからブログを発信せず、GoogleのFirebaseを利用して公開しています。