GLM-14-3160-240にも純正ChromeOSをインストールしてみた!

ガジェット
この記事は約2分で読めます。

前回、ARROWS Tab Q506/MEに純正ChromeOSをインストールする記事を書きました。

実際に数日間使用したところ、CPUがAtomということもあり、動作がもっさりとしていて、待たされる時間もしばしばありました。

そこで、ノマド用に購入した超薄型Windowsノートパソコンが、結局、あまり使われずに放置されていたので、こちらに純正ChromeOS(Official)をインストールしてみました。

今回対象のノートパソコンは、GLM-14-3160-240というノートパソコンで、GM-JAPANから販売されています。

純正ChromeOSインストール準備

偶然にも純正ChromeOSのイメージは前回の記事と同じものでしたので、そちらを参照してください。

純正ChromeOSのインストール

GLM-14-3160-240を起動後F7キーを連打するとBOOTメニューが表示されますので、用意したUSBメモリを選択してLinuxMintのインストールから始めます。

以下、前回の記事同様進めていくと純正ChromeOSがインストールされます。

※install.shの最終行を前回書き換えてインストールしましたが、今回は、変更なしのままで大丈夫です。

sudo bash chromeos-install.sh -src rammus_recovery.bin -dst /dev/sda

タイトルとURLをコピーしました