【痛い】【はあちゅう】血液クレンジング拡散を謝罪

  • 2019/11/11
著名人がSNSなどでこぞって拡散し、「ニセ医学」「誇大宣伝」と批判を浴びた血液クレンジング。インフルエンサーの「はあちゅう」こと伊藤春香さんも、かつてブログで《自然治癒力を大幅にアップさせる》《疲労回復・アンチエイジングに効果抜群》と推奨し、がんや脳梗塞などの予防効果をうたっていた。BuzzFeed…

Read More

【佳子さま】美腹筋が眩しいが。。。ヘソ出しセクシーダンスで炎上 

  • 2019/11/02
さて、内外に即位を宣明なさった天皇皇后両陛下。令和の時代を切り開かれていくにあたり、大きな気掛かりがある。それは令和の皇室の屋台骨となられた皇嗣家、すなわち秋篠宮家の実情に他ならない。【写真】十二単姿が美しすぎる佳子さま「長引く眞子さまと小室さんとの結婚問題、それに伴うご一家への風当たりは弱まる気配…

Read More

【佳子さま】「日本にいたくない」、紀子さまはエゴサーチに夢中!

  • 2019/10/21
御代替わりとともに「皇嗣家」となられた秋篠宮家は、いぜん厳しいお立場にある。長女・眞子さまの結婚問題は進展せず、次女の佳子さまも、お振る舞いが度々物議を醸している。そんな折、ご一家の住まわれる宮邸からは、激しい諍いの声が聞こえてくるという。〈両国の歴史や文化の一端に触れる機会を得ることができましたこ…

Read More

【佳子さま】成人されたときの装飾品は2793万円?!

  • 2019/10/21
11月にかけて続々と行われる即位関連行事。そこで皇室にまつわるお金の話を、皇室ジャーナリストの山下晋司さんに教えてもらいました。【Q】光り輝く女性皇族のティアラ、値段は?昭憲皇太后から5代にわたり受け継がれてきた「皇后のティアラ」など、戦前から継承されている由緒あるティアラは個人の所有物として作られ…

Read More

【増税→ポイント還元】歓迎と不満 皆さんどう感じていますか?

  • 2019/10/05
消費税率が1日、10%に引き上げられた。政府は中小の小売店で現金を使わないキャッシュレス決済を選んだ消費者に最大5%のポイントを還元する制度などを導入し、景気の下支えに躍起となっている。政府の増税対策は消費者の「痛税感」を和らげると期待されるが、ポイント還元については「非常に便利」と歓迎する声が上が…

Read More

【眞子さま】胸中は。。。 日本伝統工芸展を鑑賞

  • 2019/09/21
秋篠宮家の長女眞子さまは20日午前、東京・日本橋三越本店で開催中の公募展「第66回日本伝統工芸展」(朝日新聞社など主催)を鑑賞した。会場には、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門の入選作576点と、日本工芸会員の遺作2点が展示されている。日本工芸会の総裁を務めている眞子さまは、約50…

Read More

【佳子さま】世界一美しいハンガリー国会議事堂を見学

  • 2019/09/21
【ブダペスト共同】ハンガリーを公式訪問中の秋篠宮家の次女佳子さまは20日(日本時間21日未明)、首都ブダペストのホテルで、同国で日本語教育や文化、スポーツなどの分野で活動する日本人14人と懇談された。佳子さまは、ハンガリーで日本語を教える講師に「学校には何人くらいおられるのですか」などと尋ねていた。…

Read More

【佳子さま】ネット民の声まとめ 欧州2カ国外公式訪問

  • 2019/09/16
秋篠宮家の次女佳子さまは15日、日本との友好、外交関係開設150周年を迎えたオーストリアとハンガリーを公式訪問するため、羽田発の民間機で出発された。佳子さまの海外公式訪問は初めて。25日に帰国する。15日夜(現地時間)にドイツ経由でオーストリアの首都ウィーンに到着し、16日にファンデアベレン大統領を…

Read More

【佳子さま】ホワイトスーツで2ヵ国公式訪問 スラリとした御御足が美しい

  • 2019/09/16
秋篠宮家の次女佳子さまは15日、オーストリアとハンガリーを公式訪問するため、東京・羽田空港を出発された。佳子さまの外国公式訪問は初めて。日本との友好・外交関係樹立から150周年となる両国政府から招待があった。佳子さまは、両国で記念行事に出席するほか、日本について学ぶ現地の大学生らと交流し、25日に帰…

Read More

【佳子さま ご炎上】手袋したまま焼香 過去に例はあるものの炎上とは?

  • 2019/09/11
炎上、物議を醸した佳子さまの手袋をしたまま焼香をされるお姿画像。世間の風とは移ろいやすく、その一方で滞留すれば厄介でもある。平成の終盤に「小室問題」という奥深い隘路へ迷い込んでしまわれた秋篠宮家には、なおも逆風が吹いたままである。たとえば、つい先日も、「防災の日の9月1日、東京・両国にある東京都慰霊…

Read More

【関ジャニ∞錦戸亮】ジャニーズ事務所脱退 ネット民のジャニ愛は?

  • 2019/09/05
アイドルグループ「関ジャニ∞(エイト)」の錦戸亮さん(34)が9月末日で所属するジャニーズ事務所を退所することを明らかにした。5日、ファンクラブサイトで発表した。錦戸さんは「僕なりの形で、僕なりのエンターテイメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるよう努めていきたいと思います…

Read More

【京アニ】涙が止まらない。。。 エンドクレジットに犠牲者の名前

  • 2019/09/05
京都アニメーション放火殺人事件で、6日公開の新作映画のエンドクレジットに、事件の全ての犠牲者と負傷者の名前を出すことが5日、同社側への取材で分かった。...…

Read More

【眞子さま】【佳子さま】公務と人気と佇まいの差

  • 2019/09/02
秋篠宮家の次女・佳子さま(24才)は9月15日から25日までの11日間、オーストリアとハンガリーを公式に訪問される。それぞれ、友好150周年、外交関係開設150周年の機会に合わせてのこと。「今回は佳子さまにとって初めてとなる海外への公式訪問です。オーストリアの首都ウィーンでは少年合唱団と引見され、国…

Read More

【アマゾン】火災 芸能人が偽画像を拡散する始末 いいねが集まりすぎた件

  • 2019/08/28
南米・ブラジルなどで続くアマゾンの森林火災。その焼失面積は四国の大きさを超えた。そんな中、ネット上では海外や国内の芸能人、フランスのマクロン大統領らが相次いで、この事態の深刻さを自らのSNSで伝えている。しかし、そうした投稿には注意が必要だーー。なぜなら、それが全て真実であるとは限らないからだ。【B…

Read More

【小泉進次郎&滝川クリステル】軽井沢で挙式 用意周到な結婚

  • 2019/08/28
8月7日に首相官邸で滝川クリステルとの電撃婚を発表した小泉進次郎衆院議員(38)。約2週間後となる22日、2人が長野県軽井沢の教会で結婚式を挙げていたことが「週刊文春」の取材で分かった。式に参列した親族が認めた。その親族が語る。「7月末に、進次郎から電話で式の日取りを告げられました。取材が殺到したら…

Read More

【ハルヒの憂鬱 無念】京アニ放火事件 池田晶子さんも犠牲

  • 2019/08/28
京都アニメーションの放火殺人事件で犠牲になった池田晶子(しょうこ)さん(44)=本名・寺脇晶子、京都府宇治市=は、テレビアニメ「涼宮(すずみや)ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」(2006年)と「響け!ユーフォニアム」(15年)シリーズでキャラクターデザインを手がけたほか、多くの作品で作画監督や原画を担当し…

Read More

【佳子さま】美しすぎる特選画像10選 「お相手は?」の質問のご回答

  • 2019/08/22
2019年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。皇室部門の第3位は、こちら!(初公開日 2019年4月28日)。佳子さまの凜としたご性格が垣間見える画像10選***秋篠宮家の次女・佳子さまは、自己主張をするきっぱりした女性だ。美貌とファッション性で話題になる…

Read More

【眞子さま】ペルー視察 身体が浮くほど腕を引っ張られていた?!

  • 2019/08/20
【画像】眞子さま、小室圭さん“密着デート”「8月16日、秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、ブータンへ私的旅行のために羽田空港から民間機で出発されました。中学1年生の悠仁さまの夏休みを利用した旅行です。現地の寺院や博物館などにも足を運ばれる予定で、25日に帰国されます。悠仁さまは初めての海外旅行というこ…

Read More

【渋野日向子】美しすぎるヒップラインや笑顔の裏で疲労困ぱい

  • 2019/08/20
「渋野プロ本人は心身ともにかなり疲弊している状況です。また、ご家族もこれまでと状況が一変し困惑しております」――【写真】NEC軽井沢72の最終ラウンドで笑顔を見せる渋野日向子女子ゴルフの渋野日向子が全英女子オープンを制してから2週間。16~18日に開かれたNEC軽井沢72は今季の国内ツアーの3日間大…

Read More

【悠仁さま】どう皇位継承すべきか 秋篠宮家の進まれる道

  • 2019/08/19
令和の御代になって、いっそう切実な問題として迫ってきたのは「皇室の存続」である。男系男子による継承が続けられるか否かは、悠仁さまお一人の肩にかかっている。だが、その将来設計はきちんと練られているのか。最大の懸案である「ご教育」と「ご結婚」への直言。***「21世紀の後半に皇后となるべき人は、もうすで…

Read More

Search

^
PAGE TOP