【加藤浩次】「加藤の乱」の結末は? 加藤の行動にネット民は?

0: デイリースポーツさん投稿日時2019-10-03(木) 5:32

「加藤の乱」元サヤ決着していた 1日付で自身発案の「専属エージェント契約」結ぶ

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50)が、今月1日付で所属の吉本興業と「専属エージェント契約」を締結したことが2日、分かった。加藤はすでに、同社との「共同確認書」へのサインも済ませており、事実上の残留を選択。7月には、自身がMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜、前8・00)で、退社の覚悟を示して岡本昭彦社長(53)ら経営陣の刷新を求めていたが、最終的には“元サヤ”で決着する形となった。吉本興業を揺るがす騒ぎとなっていた“加藤の乱”が、静かに完全終息を迎えていた。

加藤は10月1日付で、同社の専属エージェント契約を締結した。今後の仕事に関しては、従来のマネジャーではなく、自ら雇用する代理人を通じての交渉が可能になる。だが、関係者によると、一部の“直営業”は認められる形となったが、当面は従来通り、吉本興業を通して仕事を行うという。

エージェント契約を締結するには、前段階として、同社との間で「共同確認書」を締結する必要があり、加藤もすでに締結済み。確認書は吉本興業との専属契約を前提としており、実質的な吉本興業への残留を決めた形となった。

加藤は7月22日に「スッキリ」で、「今の社長、会長体制が続くのならオレは吉本興業を辞める」と爆弾発言。雨上がり決死隊・宮迫博之(49)ら、所属芸人による反社会的組織からの金銭授受騒動を受けての同社の対応を批判した。翌23日には、大崎洋会長(66)と3時間を超える会談を行ったが、結論は先送りとなった。

8月には「専属エージェント契約」が自身の発案であり、契約を結ぶ方向であることを表明。「現状の仕事は吉本というエージェントを通して、やる。他の仕事は他のエージェントを通す」とし、「残留」という表現は否定していた。

引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000004-dal-ent

ピックアップ

1: wea*****さん投稿日時2019-10-03 06:03:31 自分の身は自分で守れって事だね。結論として、会社に物を言うには、芸にしても行動力にしても専属エージェント契約が結べるくらいの実力が必要だったし、実力があれば会社も配慮してくれたって事。後は加藤の場合は会社に仕返しされないくらい行動力を保つ事だろうね。
2: やまださんさん投稿日時2019-10-03 05:48:51 カトーは、これで極悪とんぼセットで仕事を取りやすくなったとご満悦らしいが、よほど有能で人脈豊富なマネージャー付けないと、どこの局が積極的に使うんだよって話
3: xef*****さん投稿日時2019-10-03 05:57:25 今のレギュラーの本数を捨ててまで後輩を守る覚悟が無かっただけ。最初は会長 社長と刺し違える覚悟みたいなもんを語ってたけどね…芸人が正論を語ると途端に面白くなくなる。正論は裏で語って、画面上は破天荒な事を言ってりゃいいんだよ。この人はもう芸人というよりタレントだけどね。
4: yam*****さん投稿日時2019-10-03 06:21:21 50歳にもなった男が一度口から吐いた言葉、しかもあえて自分がMCを務める番組の発言には重みがあります。翻したならしかるべき報告をしたほうが良いのでは・・?うやむやにして、ほかのマスコミに報じられるのは違うと思う。
5: mlrq****さん投稿日時2019-10-03 06:00:52 所詮は小物、中身も薄い。これまでは、吉本の御威光で生きていただけ、そこに噛み付いたわけだから今後は、干されて終わりかな今のスッキリも、次の番組改変期で終わりになると予想する。あと、加藤には、もう芸の才能が枯れている。
6: oka*****さん投稿日時2019-10-03 05:51:24 元サヤと思うのは甘いのでは。会社サイドは忘れないだろうし。独立なり他事務所移籍なりした方が良かった。でも正直どうでもいいか。別に加藤のファンでもないし、番組も見ないし。
7: doa ***さん投稿日時2019-10-03 06:22:10 芸人としても面白いと思ったこともなくて、下品な笑いしか取り柄がない人がMCの座になり、自分の感情論をぶちまけて不快。何様⁈結局は後輩も守ることもなく、自分の身を守っただけだったね。
8: kga*****さん投稿日時2019-10-03 07:27:55 本当に吉本が元サヤ決着に承諾してるのなら個人的にはホッとしたし良かったと思う。だか、もともと吉本を通してもらったスッキリという番組のMC。その番組内で吉本の経営者批判をしたならば、やはり番組は降板すべきだと思う。
9: yos*****さん投稿日時2019-10-03 05:57:15 加藤についていく、と言った後輩芸人のことは考えてないのね。後輩芸人は立場がないな。加藤は偉そうなこと言っても、結局は自分のことだけじゃん。だったら松ちゃんの方が全体のことを考えているよね。
10: bal*****さん投稿日時2019-10-03 05:50:13 エージェント契約を結んで有利になるのは一部の抜きんでた人気芸人だけ。加藤についていくと言ってた他の芸人のことなんか全然考えてないんだね。あのときの怒りは公憤ではなく単なる私怨だったんだ。だったら番組内で怒りを爆発させずに吉本との交渉でやればよかったのに。
11: xjz*****さん投稿日時2019-10-03 06:38:38 結局は、自分のメンツを保つためのものであり、後輩を守るものではなかった。
12: ono*****さん投稿日時2019-10-03 07:38:59 結果的には、闇営業問題を自分の契約に利用した。役員は変わらずに、宣言した自身の退社の約束も破った。報酬は上げたが、人としての値打ちは大きく下げたと思う。
13: shi*****さん投稿日時2019-10-03 05:42:26 ほとんどの芸人が結ばない無益な契約形態を作らせ、自分だけ結ぶ結局加藤は何をどうしたかったのか
14: ghj*****さん投稿日時2019-10-03 06:18:46 大御所は加藤をいいように思ってないやろうな。加藤浩次に信用があれば仕事あるだろうけど、そんなに無いと思うな。干されてくれへんかな?
15: fel*****さん投稿日時2019-10-03 06:29:02 私怨で番組使うようでは、長続きしないだろうね。家の母親は、全部抜きにして、この人が朝から大きな声で興奮して話す口調が元々苦手だと観てないわ。早くスッキリ降板するか、もう少し朝にきちんとニュースを伝えられる番組作るべき。これは、他の民放もね。
16: shi*****さん投稿日時2019-10-03 07:46:59 自分が一番かわいい加藤浩次。表向きは後輩を守ることを言っていたが、所詮自分のMC番組を守っただけ。
17: kub*****さん投稿日時2019-10-03 08:23:03 芸能人の契約問題なんて、うち内でやって欲しい。今回の問題でクローズアップすべきは、事の発端である宮迫さんらの反社会勢力のパーティへの参加だと。宮迫さんは当時、パーティ参加者が反社勢力だとは知らなかったと言っている。真偽は分からないが、一歩引いてみれば会場を貸したホテル側も反社会勢力と繋がっていたとも言える。要は、ヤク...もっと見るザとは違い最近の半グレや一見して反社勢力には見えない人達が知らずしらずの内に近くにいるという現実があると感じた。 この問題、マスコミ報道が途中から吉本興業の身内ゴタゴタにシフトしていったのは、視聴者の気を引きたいだけの悪い一面が出たのではと感じる。私を含む視聴者は、何が一番の問題なのかを考えるようにすべきだと思う。 吉本の身内ゴタゴタなんて要らない。加藤さんも情報番組の司会者なら、伝えるべき事をキチンと考え練るべきです。
18: aur*****さん投稿日時2019-10-03 06:35:08 公共の電波を使ってあれだけ事を大きくしたのに結局中途半端な形で決着ですか。加藤さんには期待してただけに残念です。
19: fri*****さん投稿日時2019-10-03 06:26:07 エージェント契約になったら確実に吉本の仕事は減るな。吉本にしたらわざわざエージェントを通して余計に金を払ってまで加藤に仕事を渡さなくても、自前の芸人が山ほどいるしね。後は加藤自身にどれほどの商品価値が有るかだろうね。
20: kab*****さん投稿日時2019-10-03 08:39:53 もうだいぶ過去の話になってしまったような気がするが、ようやく決着したのかな?他の吉本興業の主だったタレントはどうなったのでしょう?加藤に関して言えば、エージェント契約という名前だけは格好良くなったけど、実のところ、個人の事務所を作ったのと同じだから、それをマネジメントする作業と、自分自身をマネジメントする作業が必要にな...もっと見るったということだね。準備はしていただろうけど、かなり大変だろうね。コストもかかるし、それをペイするだけの売り上げも必要になってくるし…。加藤の動向次第では、追随するタレントも出てくるかもしれないが、失敗したら、誰もやらなくなるね。続報を期待します。

みんなの反応をすべて見る

← 次の記事

【渋野日向子】胸に山あり谷あり 「今年で1番のショット」 パンチラ期待できず(T_T)

前の記事 →

【misono】夫の看病そして自身も体調不良で活動制限

Search

^
PAGE TOP