【岡田有希子さん】胸の奥に深く残っています 竹内まりや「岡田有希子Mariya’sSongbook」

0: 日刊スポーツさん投稿日時2019-09-18(水) 4:00

岡田有希子さんアルバム10月発売 竹内まりや追想

1986年(昭61)に亡くなったアイドル岡田有希子さん(享年18)の歌声が令和に再び聞ける。シンガー・ソングライター竹内まりや(64)が提供した全11楽曲を収録したコンピレーションアルバム「岡田有希子Mariya’sSongbook」が、10月16日に発売されることが17日、分かった。まりやは発売にあたり、デビュー当時の有希子さんと自身の2ショット写真を提供。「永遠のアイドル」と有希子さんを追想した。

約2年という短い期間ながら、昭和アイドル史に鮮烈な1ページを残した有希子さん。その間、竹内は作詞作曲で9曲、作詞2曲の計11曲を提供。その全楽曲がコンプリートされたアルバムが時代を経て令和に発売される。

有希子さんの歌声が時を超えてよみがえる。竹内は発売にあたり、トレーナー姿でほほ笑むデビュー当時の有希子さんと2ショットで撮った写真を提供。「彼女が生きていたら52歳…没後33年たった今も、あの愛くるしい笑顔と、ほのかな憂いを含んだ歌声が私の胸の奥に深く残っています」と振り返る。

2人の出会いは有希子さんのデビュー前。所属レコード会社の名プロデューサーだった故・渡辺有三氏が考案した有希子さんのコンセプト「六大学野球を見に行く山の手のお嬢さん」に合うとして、竹内が起用されたのがきっかけだった。有希子さんは84年4月、竹内まりや作詞作曲「ファースト・デイト」でデビュー。同年シングル「リトル・プリンセス」「-DreamingGirl-恋、はじめまして」の学園恋愛3部作は全て竹内作。有希子さんは日本レコード大賞・最優秀新人賞などに輝く鮮烈デビューとなった。

竹内は今月4日発売した自身の40周年記念アルバム「Turntable」でも「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」の3曲をセルフカバー。有希子さんに提供した曲への思い入れは強い。

竹内デビューから連続での3部作をはじめ、私にとって最も多くの楽曲を提供した歌手は、他ならぬ有希子ちゃんでした。33年の歳月を経て、やっと私自身が「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をセルフカバーすることができた今年、ほぼタイミングを同じくして、思い入れの深かった有希子ちゃんへの提供作品が、ここに1枚のソングブックとしてアルバム化できることを心からうれしく思います。

竹内にとって今も自らの作品を輝かせる存在。今回、制作側もその楽曲のすばらしさを残そうと、アルバム発売に至った。竹内は「まぶしいティーンエージャーのまま姿を消してしまった彼女は、まさに『永遠のアイドル』となり、あの頃と変わらぬ歌声で青春のときめきとせつなさを私たちに与え続けています」と有希子さんに思いを寄せた。【大井義明】

岡田有希子(おかだ・ゆきこ)本名・佐藤佳代。

1967年(昭42)8月22日、愛知県生まれ。83年オーディション番組「スター誕生!」でチャンピオンになり、84年デビュー。グリコのCMやドラマ「禁じられたマリコ」主演などで活躍。愛称ゆっこ。三十三回忌にあたる昨年4月8日も、最期を迎えた都内のビルの前や墓前にファンが追悼に訪れるなど人気は根強い。

竹内(たけうち)まりや

1955年3月20日、島根県生まれ。慶大文学部在学中に音楽サークル先輩の杉真理のレコーディングに参加。78年デビュー。79年「SEPTEMBER」で日本レコード大賞・新人賞受賞。80年「不思議なピーチパイ」以降「元気を出して」「駅」「シングル・アゲイン」などヒット多数。河合奈保子、広末涼子らにも楽曲提供。82年に結婚した山下達郎との間に一女。

引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-09170483-nksports-ent

ピックアップ

1: スロッビングさん投稿日時2019-09-18 05:19:47 本当に可愛い子だった。かつ聡明で今だに理想の女性像として自分の中にはある。オリコン1位を初めて取り、まさにこれからアイドルのトップに向かう矢先の出来事だっただけに沈痛さは大きかった。サンミュージックの社長さんをはじめ、彼女のことを忘れたくない人が沢山いるのは個人的には嬉しいし、まりやさんの思いを受け止めて楽しく聴きたい...もっと見るです。
2: kin*****さん投稿日時2019-09-18 06:01:54 芸能界の闇が垣間見れた事件だった華やかで憧れの世界でしかなかった芸能界だったがこの事件により事務所との関係や人間関係など複雑な部分が世に知れ渡ったと思う今に考えればパワハラ、セクハラ全てのハラスメントが普通に容認されていた時代だった
3: m*o*kさん投稿日時2019-09-18 06:39:46 印象的な女の子でしたね。素朴でかわいい。賞レースでは綺麗な涙が出てましたね。髪をショートにした時は小柄なスタイルにアンバランスな感じもしたけど、サマービーチでは微妙なステップがまた可愛かった。短い人生だったけど、33年経っても色褪せない彼女は今もプリンセスなんですね
4: *****さん投稿日時2019-09-18 04:13:38 まさに正統派アイドル!今のアイドル達には無いものだらけ。
5: gog*****さん投稿日時2019-09-18 08:05:30 亡くなった元事務所社長は「自殺原因は失恋。日記に書いてあった」と強く主張。しかし母親は手記で「ノートに書いてあった話は娘の想像上の話」と分析。詩や小説のような物を良く書く彼女の性格を知っていれば、どちらが正しいかは一目瞭然であった。自殺原因について母親は「睡眠時間は3、4時間。ドラマがあれば徹夜になるし、こん...もっと見るな生活とてもやっていけないと家族中が思っていた」「過労により心身のバランスを崩していった」と主張。しかし母親のこのような分析については一切無視をし、亡くなるまで失恋と主張し続けた元社長は、これを認めれば過密スケジュールを組ませた事務所に批判が来るからかなと思う。(ただアイドルは睡眠時間少ない物だし、他アイドルも同じだったはず。豪華な作家陣に曲を作らせ彼女をスターにしたのも事務所あってこそ。事務所を悪とするのも間違っているとは思うが)
6: joininarmyさん投稿日時2019-09-18 04:26:06 神経が細かったんだろうな。今なら過労死を真っ先に疑われただろう。人気絶頂だった当時のアイドルだから、寝る時間もほとんどなかったのは想像に難くない。そんな状況で優等生に振る舞わなければならないから、ストレスは溜まる一方だったんだよ。性格も根っからの真面目。滅入ることがあったとしても、過労状態でなかったらあんな行動を...もっと見るトラなかったと思うよ。芸能界は同じ事務所のあの先輩みたいのが向いているよ。その神経の図太さが際立つ。
7: nan*****さん投稿日時2019-09-18 05:15:12 岡田有希子さんに対する竹内まりやさんの気持ちがすごく伝わってきて嬉しい。竹内まりやさんの曲を聴くといつも思うのは、女心の言葉選びがすごく上手なところです。30代後半になりやっと竹内まりやさんの曲の素晴らしさを実感しました。
8: yum*****さん投稿日時2019-09-18 05:00:34 個人的には、彼女の映像と歌声からは事故を思い出させられてどんよりした気持ちになるので、流さない方が良いと思う。彼女には可哀想だけど、彼女の話が出ると、漏れなくあの写真を思い出すという人は少なくないと思う。有名芸能人のああいう写真はほぼ初めてだったし。この時代のフラッシュとかフライデーとかの写真は強烈だったしね...もっと見る。自殺直後の現場写真とか。競うように過激な写真を載せまくってた。イヤな時代でしたね。 彼女は明らかに病んでた。彼女絡みの話は、今ならブラックだと叩かれるような話なのに、それには目を瞑って全体的に美談で纏めようとするのも、ちょっとした吐き気を感じる。
9: eyu*****さん投稿日時2019-09-18 05:00:54 昭和、平成と過ぎて、令和になってもこんなに語り継がれるのは当時がいかに愛されていたかが伺える。自分もそれこそ亡くなられた年に生まれたけど、YouTubeなど通して魅力に惹かれてしまう。是非、若い世代にも勧めたい。
10: wym*****さん投稿日時2019-09-18 08:04:06 ファンにとっては今までの彼女のアルバムの曲順が変わったアルバム、というだけであり、竹内まりやさんセレクションを自分で作ろうと思えば作れるとは思う。今までも曲順が変わっただけのアルバムはたくさん出ている。ファンの中にはそれを批判する人もいる。でも彼女の作品は全て持っておきたい人もいる。このアルバムは、彼女を知らない世...もっと見る代の方にも、竹内まりやさんが好き、という方にも聞いてもらいたい。まりやさんの実力に改めて気づかされ、岡田有希子さんの魅力も感じて欲しい。全曲持ってるし、でもジャケットも可愛いから、買おうかどうしようか悩む所です。
11: sha*****さん投稿日時2019-09-18 08:01:26 もう三十三回忌でしたか!月日が経つのははやいものですね。当時私はトラックの運転手をしておりその日は都内の港区にいたのでラジオで聴いて直ぐに現場に向かいました。有希子さんが最後を迎えた場所に着いた時は、黒山の人だかりで既にご遺体はなくチョークで人の形が書いてあった。同い年だったし、応援していた方が亡くなったのは凄いショッ...もっと見るクでした。以前は有希子さんの曲すら聴く事が出来なかったが最近になってやっと有希子さんの曲を聴く事が出来る様になった。最後の曲になった松田聖子が作ったくちびるNETWORKを最近良く聴いています。太く短い人生だっけどまさに永遠のアイドルの称号に相応しい人。それが岡田有希子さんです!
12: pia*****さん投稿日時2019-09-18 08:22:47 可愛い方でした。そのうえ、才能豊かで頭が良い。真面目な方と思いますので、いろいろ気負いすぎたのかも。亡くなる直前の映像は、どれも辛そうな表情のものばかり。鬱だったのかなぁと。まわりの大人が休ませてあげたら良かったのですが、そういうことに疎かった時代で。本当に残念でした。ただ、デビューからくちびるnetwork初期まで...もっと見るの映像では、笑顔がチャーミングで愛らしい彼女を見ることができます。それが本来の岡田有希子さんだったのだろうと思います。天国で、幸せになってくれていることを願います。
13: j19*****さん投稿日時2019-09-18 04:29:56 当時の、岡田有希子さんの自殺のニュースは本当にショッキングでした。後追い自殺をするファンもいたほどでしたね。今でも、ご存命ならどうなってたんだろうと思うと残念です。
14: syo*****さん投稿日時2019-09-18 07:04:50 ユッコ、大好きでした。真面目な子だったんだな、一人上京して不安な事とか悩みがあって衝動的にと思う。天国で幸せになってるといいな。
15: mik*****さん投稿日時2019-09-18 08:21:24 今のアイドルと違って、本当の意味でアイドルだったなぁって思う。両親にアイドルになる事を反対されて、学年で成績トップ取ったらアイドルになる許可をしてもらえるという約束をし、見事に成績トップを取ってからアイドルになった真面目で努力家。もしかしたらその頑なに真面目だった事が、当時の芸能界では仇になったのかもしれない。
16: pさん投稿日時2019-09-18 08:16:39 コンビニで竹内まりやさんのファーストデイトが流れてきて嬉しさと切なさでグッとなりました。有希子ちゃん、タイトなスケジュールで睡眠不足がずっと続いて行って、心身のバランスを崩してその中でも仕事をしていたなら本当に本当に辛かったと思う。ただでさえタフさを求められる芸能界だろうに。かわいくて透明感があって知的なアイ...もっと見るドルでした。事務所の方々がもっと大切にしてあげて欲しかった。
17: tol*****さん投稿日時2019-09-18 04:39:56 当時偶々サンミュージックの前を通ったことがあった。無くなってから確か1週間もたっていたのに、まだファンが前の道に突っ伏していたのを見た時には驚いたし、悲しくなった。
18: 植木野安富さん投稿日時2019-09-18 05:35:22 好きだったなぁ。あの事件の真相をウヤムヤにした芸能界は当時から腐ってたんやな。
19: col*****さん投稿日時2019-09-18 08:49:51 芸能界にとても興味があった年頃でしたし、また同い年でもあったので、彼女のことはよく覚えています。観客20名ぐらいのスーパーでの営業を地元で見たこともあります。こんなに美しい人がこの世にいるのかと田舎の高校生は思いました。彼女の名前を冠した商品を世に出せるほど、もう時間が経ったのですね。つらい事件でしたので、私も...もっと見る彼女の記事を見たり、曲を聴いたりすることは避けていた気がします。どのような曲であったか、俄かには思い出せないぐらいですが、この機会に聞いてみたいと思います。
20: sta*****さん投稿日時2019-09-18 08:15:45 まりやさんもずっと心の奥に封印していたんでしょうね。今回、自分の想いを吐露する事により心のわだかまりからも解放されるのではないでしょうか?自分から死なれると、周りの人間は罪の意識に悩まされる。まりやさんもその一人だったと考えると、今回のアルバム収録から有希子さんの歌声でのアルバムへの流れは素直に受け入れたいですね...もっと見る。

みんなの反応をすべて見る

← 次の記事

【今井絵理子】ネット民が不安の声 防災担当政務官任命 

前の記事 →

【渋野日向子】脇チラとピカチュウがかわいい 胸のラインも秀逸

Search

^
PAGE TOP