【渋野日向子】美しすぎる太もも

0: webスポルティーバさん投稿日時2019-08-11(日) 7:17

渋野日向子の言動を再検証。 「天才」とは言わないが「凡人」ではない

渋野日向子(20歳)の全英女子オープンでの優勝は、ゴルフ界の”常識”も”非常識”も、ひっくり返すような出来事だった。優勝争いの最中に、人垣の間を笑いながらハイタッチをして通り抜ける渋野の姿に、世界中のプロゴルファーは「アレをやるか......」と衝撃を受けたに違いない。そして、「自分にアレがやれるのか」と考えたことだろう。

日本女子ツアーの永久シード選手である森口祐子プロは、「自分だったら、できないと思います」とし、その理由をこう語る。

「手が引っかかったら、ケガをすることもあるだろうし、タッチをできなかった人から、『なんだ(タッチを)やってくれないのか』という声が起こったりすると気になるし……。だから、そこは境目を作っておいたほうがいい、私が現役の頃はそう思っていました」

いいプレーを見せることがプロゴルファーの仕事なのだから、プレー中にファンサービスをすることで、集中力が削がれてしまっては本末転倒だ。だから、「プレー中は申し訳ありません。ファンサービスはラウンド後にしますから」という、このゴルフ界の常識は決して間違ってはいない。

ただ、鳴り物の音に乗せて「かっ飛ばせぇ~」と叫ぶプロ野球や、「オーレ!オーレ!」と仲間たちと声援を送るJリーグの観戦に比べて、そうしたプロゴルフ界の常識は、競技の特性を考慮したとしても、少々堅苦しいものがある。ギャラリーはそこに”疎外感”を覚えるのである。

その常識を、渋野は打ち破ったのである。ホール間におけるハイタッチは、多くの人に好感を与えるとともに、世界中のゴルファーやメディアを驚かせ、その爽やかな笑顔と相まって、彼女のファンを爆発的に急増させることになった。しかも、彼女はプレー中に集中力を切らすことなく、優勝をしてしまったのだ。

帰国後に日本記者クラブで会見を行なった際、「あのハイタッチは負担にならないのですか?」という記者からの常識的な質問に対しても、渋野は「無視されるほうが、よっぽど私はつらいです」と常識を超えた答えを返し、「一日、一日、ハイタッチする人数が増えていって、すごくうれしかった」と言って笑った。

引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190811-00868050-sportiva-golf

ピックアップ

1: twm*****さん投稿日時2019-08-11 07:56:22 素人の自分が読んでも的確に渋野プロを表現してると感じました。もちろん笑顔も印象的ですが、全英の時のショットに入る直前、一瞬で鋭い表情に変わるあの瞬間がすごかった。これまで経験したスポーツで培ったものか、先天的に持ち合わせたセンスかわかりませんが素晴らしい才能だと思います。
2: 16*****さん投稿日時2019-08-11 07:50:29 渋野の笑顔の効果を、テレビでやっていた。笑顔でプレーすると酸素の利用効率が上がるのだと。これを機に、「相手に失礼」「真剣にやれ」「ヘラヘラしてんじゃねえ」とかと言う、昭和の指導者の根拠のない、指導者の満足だけの精神論が絶滅すれば良いと思います。
3: BR_*****さん投稿日時2019-08-11 08:21:15 森口さんにしても岡本さんにしても、自らの経験に基づいて非常に論理的で的確に渋野さんの言動、行動を分析、言語化してくれるのは有り難いこと。渋野さんのハイタッチは人の良さが滲み出ていて、しかもお約束事というよりは自然にできるのがすごい。ギャラリーとの波長が合わないと出来ないことでもある。
4: ( ̄^ ̄)さん投稿日時2019-08-11 10:19:49 森口プロの競技中は、集中するためにギャラリーと距離を置く。個人競技として、至極当然とおもいます。そこで、渋野選手のハイタッチですがチームスポーツの経験が大きいのではないでしょうか?ソフトボールの投手だったそうですが、苦しいときも[バック]がいる仲間が守ってくれてる[一人じゃない]。そう思われたことがあるので...もっと見るは。そこで、今回の全英の苦しいときも[ギャラリーさん]を、自分を応援してくれる[仲間]として捉えて自然と[ハイタッチ]をする流れを渋野選手が意図せずに作り出した。なにより、彼女の[最高の笑顔]に[ギャラリーさん]が彼女の仲間(応援者)になった。中継を見ていた人々に、プレーヤーとギャラリーの[素敵な空間]を魅せてくれた。渋野選手、これからも[素敵な笑顔]での活躍を楽しみにしてます。
5: exi*****さん投稿日時2019-08-11 09:37:52 僕も長年、野球を続けてきました。渋野選手と比較するなどおこがましいですが、大切なのは楽しむと言う事です。確か元巨人の桑田さんも同じ事をおっしゃってました。僕も高校時代から幾度となく大きな大会も含めて強豪と対戦してマウンドに上がりました。でも緊張する事は無く、むしろ楽しくて仕方がなかったです。「どんなに強いのか...もっと見るな?」「凄い選手なんだろうな?」とか思うとワクワクして自然と笑顔が出てしましまいす。監督や周りからも「緊張しないの?」と言われました。僕からすれば緊張する理由が無いのです。野球選手が野球するのに緊張します?「明日、マラソン大会に出場して下さい」と言われたら一睡も出来ないでしょうけど(笑)渋野選手はプロテスト合格して一年でしょ?ミスしても引きずらないですし。何より笑顔がいいですね。ゴルフはサッパリ分からないのですが「にわかファン」として応援します(笑)
6: bkw*****さん投稿日時2019-08-11 08:22:18 同じソフトボールの投手出身で、日本で44勝、米で17勝した岡本綾子クラスの選手になってほしいと思いますね。男子でも女子でも無名(かそれに近い)の選手がいきなりメジャーを勝つことがあるけど、その後実績を重ねて本当の一流プレーヤーになることはよくある。日本(サロンパスカップ)も海外(全英女子OP)も初優勝がメジャーとは...もっと見る、本当にどえらいことをやってのけたものです。
7: ysさん投稿日時2019-08-11 08:19:30 自論ですけどゴルフが1番じゃないのが、メンタルの強さに繋がってると思います。彼女はソフトボールの方が好きって言ってますし、心の何処かでこの経験はソフトボールに役立つな、みたいな感覚があるんじゃないかと思ってます。それによって自分が客観的に見れてるんじゃないかと思います。すべて経験として、挑めてるんじゃないかな。
8: コンタさん投稿日時2019-08-11 08:25:19 岡本綾子が以前つぶやいた、渋野はモノが違う。全英オープンを勝つ前のこの言葉は、いまだ黄金世代の中のひとりとして括られることが多い中、そうではない、彼女は規格外であるということを感じとったのだろう。全英優勝フィーバーでの彼女の言動や実績など、知れば知るほどその凄さに魅了される。黄金世代に惑わされてはならない。森口...もっと見るプロは間違えている。渋野はまさしく天才である。
9: s*****さん投稿日時2019-08-11 08:56:23 非常に的確で、分かりやすい分析と解説でした。今や彼女を誉めちぎるばかりの文章を目にする違和感が払拭されてさすがと思った。渋野さんがこれからもしっかりと結果が出せる事を祈るばかりです。
10: tor*****さん投稿日時2019-08-11 07:39:24 タイガーのような圧倒的な強さ、破壊力を、これから見せてくれることを期待している。
11: yyy3980さん投稿日時2019-08-11 10:28:46 記事の的が少し外れてます。彼女、ソフトボールがやりたかった!って言ってるじゃないすか?!ゴルフは2ndだから、緊張も無いでしょ?ゴルフは彼女とは次男次女の関係。地域的にソフトボールが衰退したから、ソフトボールから無理矢理剥がされてゴルフをやってるって言ってましたよ。だから、ソフトボールに援助していくしソフ...もっと見るトボールの為にゴルフをと。だから、一般のプロみたく力まずに…ていうかソフトボールをやっている時に反復トレーニングや状況を設定した練習をゴルフに取り入れて頑張った成果が今だと伝えています。彼女にとって、ソフトボールが神なんです。真実はこれ!美談や今後の記者の妄想は妄想と伝えるべき。もしかしたら、彼女はソフトボールボールに転身するかも!と伝えるのが斬新な伝え方だし、面白いと思う。
12: tsu*****さん投稿日時2019-08-11 09:22:59 渋野プロのプレーに匹敵するくらいこの文章が素晴らしいですね。ゴルフや、これまでの背景を知らない人にとって非常に分かりやすい文章でした。偶然かもしれませんが、黄金世代がプロで活躍し始めるタイミングで令和に変わり、渋野プロのように、魅力的で海外メジャーで優勝するような人が現れる。日本の女子ゴルフの新時代...もっと見るの予感ですね。
13: icb*****さん投稿日時2019-08-11 08:54:34 攻めるプレースタイルはリスクを伴う。普通なら安定した成績は望めそうない。また故障、イップスなど心配は山ほどある。でも、同世代のライバルたちと高めあって一気に壁を突き抜け、世界に日本旋風を巻き起こしてほしい。
14: Bobbyさん投稿日時2019-08-11 08:01:13 素直で気取らずかわいらしいではないですか。「天才ではないとか」とか、「凡人ではない」とか、周囲の者がどうでもよいことをいいすぎ。若いアスリートをただただ応援したいと思います。
15: お大事さんさん投稿日時2019-08-11 07:57:08 カーリングのロコ・ソラーレの選手達に似ていますね。自分の気持ちを乗せていって、良い意味で調子を上げていく。ギャラリーの皆さんとハイタッチする事や、待ち時間にお菓子を食べて、リラックス効果と集中力向上を図る。渋野選手やロコ・ソラーレの選手達は気付いていないと思いますが、論理的に理にかなっているのが特徴的ですね...もっと見る。
16: top*****さん投稿日時2019-08-11 10:13:37 最近はメンタルトレーニングを取り入れるアスリートは多いが、渋野選手のようなナチュラルな人には勝てないこれは育てられ方が良かったのだろうし、渋野選手が素直なんでしょう良くありがちな闘争心や緊張感、競争心は表面から見られないこれは凄いです、ゴルフを楽しんでいる
17: sir*****さん投稿日時2019-08-11 08:42:23 彼女のプレイはまずスピーディー、それは迷いなく早い判断ができること、そしてリラックスと集中の切り替えがはっきりしている。プレッシャーのかかる場面でも笑顔でいられる。彼女の優勝はテクニック以外でもいろんな要素が組み合わさっての偉業だと思います。
18: gol*****さん投稿日時2019-08-11 09:15:31 たしかに、天才はいる 神から認められた人凡人と違うのは、考え方、周りの力も自身の力に変えて周りに返す凡人より技術も含めレベルが上なのだろうもちろん、それに、努力が加わり輝くそーいう意味では、人間は全て天才、それぞれの何かを持っているから、そして、その事を悟ってる以上強くなる。
19: tor*****さん投稿日時2019-08-11 10:13:57 あの4パットは彼女の中では、最後のバーディパットの練習だったのかも。と言うか、あの4パットで十分すぎる情報吸収した結果が最後に冷静に出せたのかも。
20: twd*****さん投稿日時2019-08-11 09:14:31 初優勝で全英のキップを手にして 初出場で初優勝しちゃうのは 初めからこの人はそこに立つことが決まってたのかもね 天才とか凡人なんかじゃなくて運命だったのかもプレーオフを待ってた2位のサラスさんも最終のショートパット外したのなんて見たら勝つ人が決まってたと思えちゃいます

みんなの反応をすべて見る

← 次の記事

【渋野日向子】8/11はブルーのポロシャツとアロハ柄ミニスカ 胸、インナー、太ももに熱視線

前の記事 →

【渋野日向子】堂々と胸をはって女の子と握手 カップも好位置キープ

Search

^
PAGE TOP